お肌の110番である【シミには薬などで対処せよ】

女性の的に対抗

シミ対策に有効な医薬品

年齢と共に濃くなっていくシミは、見た目年齢をアップさせてしまう女性の敵でもあります。 美白化粧品で美白ケアをしながら、しっかりと紫外線対策をしていくのが基本ですが、それだけでは改善しない場合には、インナーケアとして医薬品を取り入れてみるのがおすすめです。 サプリメントよりも効果がはっきりしていて、有効成分がしっかりと配合されている医薬品なら、シミへの効果にも期待することができます。 化粧品だけでは頑固なシミが薄くならず、だからと言って、美容外科などのレーザー治療までは受けたくないという方には最適です。 ホームケアでできるシミ対策としてはとても効果の高い方法で、ドラッグストアなどで医薬品も購入することができます。 値段も1000円台くらいからありますから、一度お試ししてみるのが良いでしょう。

美白効果の高いLシステイン

シミ対策の医薬品には幾つかの種類がありますが、たいていのものに含まれている成分がLシステインです。 肌の代謝に関わるアミノ酸の仲間で、シミの元となるメラニンの生成を抑えたり、肌のターンオーバーを高めてシミを排出しやすくしてくれます。 また、コラーゲン生成を高める効果も持っていて、肌のハリや弾力をアップするのにも役立ちます。 そして、健康効果も高く体の代謝も高めてくれるため、疲労回復にも力を発揮してくれます。 飲みすぎた時の二日酔い防止効果も持っていて、アセトアルデヒドと結びついて無力化することができます。 そのため、シミ対策としてLシステインを取り入れることで、様々な効果も一緒に得ることができるので、Lシステイン配合のものを選ぶのが良いでしょう。